1. TOP
  2. ご依頼の流れと料金体系
商標費用割引バナー

ご依頼の流れと料金体系

ご依頼の流れ

流れを説明する写真

 

依頼の流れ

*あくまでも標準的な流れです。変更の希望がございましたら、個別案件毎にお問い合わせください。

問合せ お電話または電子メールにて、お問合わせください。
その際に、要件内容と初回の無料打合せ申し込みをお願いします。
なお、お打合わせの場所は原則、弊所にてお願いします。
無料打合せ 無料打合せを行います。案件内容のご相談となります。
事前に資料を送付して頂ければ、事前検討をして、無料打合せに臨みます。
勿論、この段階終了までは、案件依頼の有無に関わらず、無料です。
見積提示 弊所への依頼内容が定まれば、その後その依頼内容に対するお見積り(無料サービス)を弊所から提示致します(お見積りが口頭の場合がございます)。
なお、この時点でのお見積りの金額と最終的な金額との間に、ずれが生じてしまうこともあるので、ご了解をお願いします。
正式依頼 お客様においてお見積もりに納得して頂ければ、弊所へ電子メールやFAXなどの書面にて正式依頼をお願いします。
正式依頼の一例としては、「××アイデアを特許出願にまとめて、正式依頼から3週間で特許書類の第1稿を送付し、合意が得られたら、特許庁へ提出してほしい」といった形となります。
前金納付 正式依頼を受けとった段階で、原則的に見積金額の半額を前金としてご請求します。基本的には、請求書発行から3営業日以内に銀行振込をお願いします。
また、依頼内容によっては、このときにお客様からの資料などの提出等をお願いする場合もあります。
納品 銀行振込確認後、弊所にて、依頼内容に取り組み、ご希望の期日までに、依頼内容の原案(第1稿)をお客様のもとに送付します。
なお、原案の修正依頼は複数回行うことができますが、2回目以降の修正が生じた場合には追加料金が加算されます。
そして、お客様の合意が得られた段階で、納品完了とさせて頂きます。
納品完了の一例を特許出願で言えば、特許出願の書類をこれ以上修正せずに、特許出願書類が完成した時点をいいます。
残金納付 残金納付のご請求をします。見積金額から前金を差し引いた金額をご請求します。
基本的には、請求書発行から3営業日以内に銀行振込をお願いします。もし、見積金額から変更ある際には、その根拠をご説明し、納得の頂いたうえで、お支払い頂きます。
そして、特許出願の例で言えば、銀行振込を確認後に、特許庁に特許出願書類を提出します。
そして、その後に出願完了の報告と、出願した書類をお客様に送付します。

出願から権利化後までの流れ

以下に示す流れで、例えば、日本国内で特許が権利化されます。このときの各ステップがお客様からの依頼案件となります。

出願
ステップ
すでに開示されている技術や特許の調査を経て、基本的には出願の価値があるアイデアを対象として、特許出願に必要な書類を作成し、特許庁へ提出します。
審査請求
ステップ
特許出願の場合、特許庁への出願審査請求を行います(実用新案や意匠や商標については審査請求の制度はありません)。審査請求は、特許出願から3年以内で行う必要があります。
中間処理
ステップ

審査請求により、特許庁の審査官が審査を開始します。なお、ほとんどの特許出願に対して、このままでは特許権を与えられないといった理由(拒絶理由通知)が一度以上通知され、それに対して反論や補正を行います。

なお、審査官は、特許出願の内容と公知の技術との差異や、特許出願の内容が現実的に実現できそうなのか、などを審査します。審査結果は、最終的には、特許権としてよい場合には、特許査定として示されます。特許権にはできない場合には、拒絶査定として示されます。

登録
ステップ
特許査定が通知された際には、それに対して登録料金を支払うことで、特許権として登録されます。

 

料金体系

見積もりを説明する写真

具体的な費用は、特許庁へ納付する費用と、弊所でかかる費用との合計となります。

*印紙代は、2018年7月5日を基準としています。消費税は含まれておりません。

出願から権利化まで費用例

国内特許出願費用例

出願モデル:請求項:4、明細書本文(特許請求の範囲含む)の長さ:8頁、図面:6枚程度

出願テップ
弊所手数料(出願書類作成+書類提出) 285,200 円
特許庁納付料(出願受領) 14,000 円
合計 299,200 円
審査請求テップ
弊所手数料(審査請求) 13,800 円
特許庁納付料(実体審査開始) 134,000 円
合計 147,800 円
中間処理ステップ

拒絶モデル: 引用された文献数3のときで、タイプ6頁、拒絶理由1回あたり

弊所手数料(意見書等作成+書類提出) 184,900 円
特許庁納付料 無料
合計 184,900 円
登録ステップ
弊所手数料(登録料納付+成功謝金) 143,800 円
特許庁納付料(原簿への登録) 8,700 円
合計 152,500 円
国内実用新案出願費用例

出願モデル:請求項:5、明細書本文(特許請求の範囲含む)の長さ:10頁、図面:6枚程度

出願テップ
弊所手数料(出願書類作成+書類提出) 421,250 円
特許庁納付料(出願受領) 14,000 円
特許庁納付料(原簿への登録) 7,800 円
合計 443,050 円

実体審査を経ずに方式上の要件及び基礎的要件を満たした出願は、この段階で実用新案権の設定登録がなされることになります。

国内意匠出願費用例

出願モデル:図面が10枚程度

出願テップ
弊所手数料(出願書類作成+書類提出) 146,800 円
特許庁納付料(出願受領) 16,000 円
合計 162,800 円
中間処理ステップ

拒絶モデル: タイプ3頁、拒絶理由1回あたり

弊所手数料(意見書等作成+書類提出) 146,500 円
特許庁納付料 無料
合計 146,500 円
登録ステップ
弊所手数料(登録料納付+成功謝金) 78,800 円
特許庁納付料(原簿への登録) 8,500 円
合計 87,300 円
国内商標出願費用例

出願モデル:1区分

出願テップ
弊所手数料(出願書類作成+書類提出) 72,200 円
特許庁納付料(出願受領) 12,000 円
合計 84,200 円
中間処理ステップ

拒絶モデル: タイプ3頁、拒絶理由1回あたり

弊所手数料(意見書等作成+書類提出) 124,700 円
特許庁納付料 無料
合計 124,700 円
登録ステップ
弊所手数料(登録料納付+成功謝金) 58,800 円
特許庁納付料(原簿への登録) 28,200 円
合計 87,000 円

外国出願費用例

パリ条約を利用した出願やPCT出願(特許)やマドリッドプロトコル(商標)やハーグ協定(意匠)などの各種出願制度があります。何をどの国へ出願されたいのかを具体的にした上で、お問い合わせください。

顧問契約

顧問料 30,000円~/月;契約は1年単位で、1年毎自動更新

ご要望に応じて、サービスを組み込みます。お気軽にご相談ください。

基本内容 知的財産に関する契約期間中の相談(回数制限無)

アイデア会議の開催(要望に応じて最低1回)

個別セミナーの開催(要望に応じて最低1回)

特許庁DBを用いた特許調査(要望に応じて最低1回)

追加オプション(一例) 特許調査の回数の増加

発明完成のサポートと発明の譲渡

知財人材のコーチング等

セミナー

一般向けプレセミナー 3,000円/2-3時間
特定顧客向け個別セミナー テーマを含めて要相談

その他

知的財産に関する相談 初回のみ無料(時間無制限)
特許調査費用 30,000円~
タイムチャージ(上記以外) 15,000円/時間