特に製造関連の中小企業の社長や開発部門責任者必見!

「お客様のほうから御社に声がかかりますね!」と言われ、安定的に収益力を拡大できる

見えない知的財産を活用して収益化する5つのステップ

ある企業が、知的財産を活用することで、結果的に全国380万以上の企業から選ばれた地域未来牽引企業2148社のうちの1社になるに至った知財活用術があるのですが・・・

特に製造関連の中小企業の社長や開発部門責任者必読!

見えない知的財産を活用して収益化する5つのステップとは?

質問です。

「御社では、知的財産を活用していますか?権利化していても、収益はプラスとなっていますか?」

あなたは、この質問に、Yesと答えられますか?

もしも、この質問に、Yesとはっきり答えられなけば、

それが、御社がまだ、知的財産が持つ本来の力を十分活用できていないという証拠かもしれません。

このメールセミナーでは、知的財産が持つ本来の力を十分に活用することで、お客様のほうから御社に仕事の依頼がくるようにするための、見えない知的財産を活用して収益化する5つのステップをお伝えします。

3.実績の証明

・クライアントが地域未来牽引企業に選定されました。(以下、クライアントのhpより)

2017-12-22

このたび、経済産業省より、地域経済牽引事業の担い手の候補となる地域の中核企業として「地域未来牽引企業」に弊社が選定されました。

全国で2,148社(内、山梨県内企業は34社)選定。

「地域未来牽引企業」とは、地域の特性を活かして高い付加価値を創出し、地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引する事業を更に積極的に展開すること、または今後取り組んでいくことが期待される企業のことです。(一部、経済産業省HP引用)

――――

・クライアントが鹿島建設㈱様の協力会社改善事例全国発表会へ関東代表として発表を行い、社長賞を受賞しました。(以下、クライアントのhpより)

 

2013-10-24

去る平成25年10月24日、鹿島建設㈱様の協力会社改善事例全国発表会へ関東代表として発表を行い、社長賞を受賞しました。

「発表内容」

弊社では、解体工事現場に作業員の危険回避と効率的な粉じん対策を目的とし、自社開発の遠隔操作散水装置(特許審査中)を新規導入しました。

導入により、効果的に粉じんを抑え、作業員のリスク回避を可能にしました。また、散水作業員のコスト低減を図れることを立証しました。

このような、創意工夫、安全面、効率的で高品質等の観点から評価をいただけました。

今後も、様々な課題に対し、更なる改善・工夫に挑戦していきます。

 

詳細については、「技術開発」をご覧ください。

各新聞社紙面にも掲載されました。

(対象特許製品及び動作状況の写真)

 

・権利化後、クライアントが使用している商標

など

・弁理士資格をはじめとする各種資格

・日本弁理士会関東支部、2018年度中小企業ベンチャー支援委員会所属

・約11年で、約15社からの200件以上を国内外(7カ国)へ特許出願

・自身でも、発明者として過去25件の特許出願実績

・過去に、日本を含めて9カ国で、講演あるいはセールスプロモーション

・過去に、NASAの研究所とのコラボレーション

 

4.特典の具体的内容(ブレット)

 

【1日目 】収益力アップを支える知財活用術の全体像

1-1. なぜ、知的財産が必要なのか?

1-2. あなたもできる!アイデアの発想・発掘

1-3. 知的財産の活用で超重要な「事業分野とアイデアとの関係性」

 

【2日目 】中小企業の行うべきアイデア分析とは

2-1. アイデアの優先度を決める具体的な基準とは?

2-2. あなたが知的財産とすべきアイデアの仕分け方法とは?

2-3. 成功するために必須の収益化ストーリーの作り方とは?

 

【3日目 】アイデアを見える知的財産に変えるには

3-1. 文章化と言語化

3-2.文章化と言語化の際に押さえておくべきポイントとは?

3-3.内容の充実した権利化を実現する方法とは?

 

【4日目 】知的財産で着実に収益化に結び付けるには

4-1. 各収益化ストーリーに基づく知的財産の活用の実行

4-2. セールスで陥り易い3つの罠とは?

4-3. 他社への使用許諾との関係で注意すべき点とは?

 

【5日目 】知的財産を安定・継続的に収益に結び付ける

5-1. 商品・サービスと知的財産との関係性の明確化

5-2. 活用されていない知的財産の見分け方

5-3. 知的財産の三位一体化とは?

 

5.登録フォーム

6.規約

 

  • 送信いただいたお客様の個人情報は、当社で責任をもって管理させていただきます。
  • 当社個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、こちらをご覧ください。
  • 本プログラムにお申し込み頂いた方には、当社個人情報保護方針(プライバシーポリシー)に同意頂けた事とさせて頂きますので、予めご了承くださいませ。
  • 当社MTS国際特許事務所は、主に知的財産の出願と権利化を本人の代理として行うことを提供している企業です。当社事業概要の詳細は、こちらをご覧ください。
  • 本プログラムにお申込み頂きますと、当社MTS国際特許事務所からメールマガジン等のご案内をお届けする場合があります。プログラムにお申込み頂いた場合は、この点に同意頂いた事とさせて頂きます。